加齢臭の予防策を色々と自分で試してみよう

加齢臭の予防策を色々と自分で試してみよう

 

加齢臭は、脂肪酸と過酸化脂質が結びついてできるノネナールという物質が原因です。

 

ノネナールは40歳を超えると分泌されやすくなり、分泌される場所は上半身に集まっているのがわかっています。

 

予防方法として一番いいのは、臭いのもとであるノネナールを洗い落とすことです。

 

この物質が分泌されるのは、上半身の中でも、耳の後ろ、肩と背中、後頭部に集中しています。
お風呂に入った際にはこの部分を集中して洗いましょう。

 

なんとも嫌な事に、ノネナールは水に溶けにくい性質をもっています。
ですからシャワーで流すだけでは取れないんです。

 

ボディーソープで丁寧に洗い流しましょう。
ここで予防の為のもう1つのポイント。

 

ボディソープも加齢臭の原因になります。
洗い流すのが不十分だと、ボディソープの残りかすが臭いの原因になってしまうんです。

 

折角洗ったのにそれが原因でにおいが出てしまっては本末転倒です。
しっかり洗い流し、後は寝るだけ、となったらここにも加齢臭の原因が。

 

そう、枕です。
ノネナールが分泌しやすい場所は枕に当たる場所と一致しています。

 

いくら身体をきれいにしても、寝ている間に枕からにおいが移ってしまっては意味がありません。
枕カバーをこまめに交換し、さらにタオルを敷くことで、予防効果が期待できます。

 

最後に、いくらにおいが気になるからといって、香水を使うのは厳禁です。
においが混ざり、余計不快なにおいとなってしまいます。