加齢臭は体の内側から予防を!健康にもニオイにも良い生活習慣とは

加齢臭は体の内側から予防を!健康にもニオイにも良い生活習慣とは

 

男女を問わず、中高年が指摘をされるものの1つに加齢臭があります。

 

原因としては、脂肪酸と過酸化脂質が結びつくこと作られるノネナールという物質の存在があり、脂肪酸と過酸化脂質は、40歳を過ぎた頃から酸化に対する抑制力が低下をすることで増加をすることが知られています。

 

また、ここでの過酸化脂質は、酸素が体内に取り込まれエネルギーを生み出す過程で作られますが、体内の不飽和脂肪酸と結合して、過酸化脂質が作られる原因ともなります。

 

加齢臭は、その原因が元々身体の内部から作られる物質となるために、予防には生活習慣を改善することが大切なことになります。

 

生活習慣の改善内容としては、ストレスを溜めないことや、適度な睡眠を取るなど不摂生に注意をすることがありますが、中でも大きなものとしてはタバコがあります。

 

嗜好品の中でもタバコは活性酸素を発生させる大きな要因となっており、この場合に、予防としていくら食品から抗酸化物質を摂ったとしても、その効果はほとんど期待できないものとなってしまいます。

 

予防では、運動に関しても注意をすることが必要になります。

 

特に、激しい運動は急激に呼吸量が増えることから活性酸素も多く発生することになり、加齢臭の原因につながることになります。

 

ここでは、無理の無い運動を続けていくことが最適な方法となり、新陳代謝による美肌効果も期待することができるようになります。